しっかり手入れをしよう|初心者でも楽しく簡単にできるガーデニング
ウーマン

初心者でも楽しく簡単にできるガーデニング

しっかり手入れをしよう

芝生

芝生を育てていくためには、お手入れが大切になってきます。芝生は育ちやすい環境や日頃の手入れの仕方次第で成長するか成長しないかが決まります。このように言ってしまうと、芝生の手入れが難しい感じがしますがそんなことはないので安心してください。芝生は、丁寧にお手入れをすることで綺麗に育てることができますが、お手入れを怠ってしまうと芝生が剥げてくる場合があるので気をつけながらお手入れをしましょう。お手入れでとても大切なこととして水やりがあります。乾燥してしまうと枯れたり剥げたりする場合があるので、乾燥させないためにも水やりを適度におこないましょう。しかし、水をやりすぎると逆に育ちにくくなるのでやめてください。夏の暑い時期には、毎日の水やりが必要ですが、そのほかの季節だと2、3日に1回のペースで水やりをするとよいです。地域によって気温や環境が違うので、芝生を育てている環境に合わせて水やりを行いましょう。
芝生を綺麗に育てるための方法として、専門業者ならエアーレーションという道具を使って芝生に穴を開ける作業をします。なぜかというと、そのままでは通気性が悪く水分が溜まった状態になるからです。この状況を改善させるために、穴をあけて通気性をよくしてあげます。育て始めてから、約1年間はエアーレーションを行うと綺麗に育てることができます。穴を開けることによって、根元を活性化させることができるので日ごろのお手入れとともに定期的に業者にこの作業を頼むようにしましょう。