育てるポイント|初心者でも楽しく簡単にできるガーデニング
ウーマン

初心者でも楽しく簡単にできるガーデニング

育てるポイント

ブドウの生る木

果樹は、庭があれば一般家庭でも育てることができる植物です。果樹を育てるのは難しいと感じている方は多いですが、そんなことはありません。どの種類の果樹を育てるかによって、育てる方法は違ってきますが、種類によっては鉢植えで簡単に育てることができるのでチャレンジしてみましょう。そこで、果樹を育てるためのポイントについて確認していきます。まず、果樹を育てる場所ですが風通しがよくて、日差しが程よく当たるところを探しましょう。なぜかというと、育てる環境を整えておかないとうまく果樹が育たなくなったり、実をあまりつけることができなかったりするからです。また、育たなくなるだけではなく害虫の餌食になってしまう場合があるので気をつけておきましょう。実際に種まきを行う時は、種をよく洗ってから種まきを行いましょう。なぜなら、種の表面には発芽を邪魔する物質が付着しているからです。果樹を育てるためには、土作りが重要になります。育ちやすい土は、通気性があり保肥力がある物になります。土の成分としては枯葉を混ぜた土と砂利を使用して作っていきます。水を与える時には、表面の土を乾かさないように土が乾いたらすぐに水を与えるようにしましょう。暑い日などには注意して水をあげるとよいですが、寒い乾燥しやすい時期に水をあげすぎてしまうと苗が腐ってしまう可能性があるので気をつけながら水をあげてください。乾燥を防ぐ方法としては、ワラや段ボールなどを使ってマルチングすることで乾燥を防ぐとともに、霜などから果樹を守ることができます。